仙台で映像、演劇、声優を楽しむなら創造望子(つくつくぼ~し)

創造望子(つくつくぼ~し)は作品を創ることに特化した制作集団です。

ホームお知らせ&アドバイス ≫ 現場の入り時間について(声優・俳優共通) ≫

現場の入り時間について(声優・俳優共通)

入り時間とは何か?

何も知らないと「その現場に到着する時間」と答える方が多いです。
実際は「すぐお仕事に入れる状態でその現場にいる時間」となります。
ですので、入り時間に現場に到着した場合は遅刻となりますのでご注意を。

大抵の場合は、15分前には現場に入って顔見せをしておいた方がいいでしょう。
あまり早く入り過ぎても迷惑になる場合があるので、30分よりも前に入るのはおすすめはできません。(勿論、仕事によりけりですが)

気をつけたいのが声のお仕事、特にアテレコで、他とは異なります。
新人は30分以上前に入っていないといけないような暗黙のルールさえ存在します。しかしながら、一時間前に入ったら怒られる可能性もあります。
ですので、40分前に入っておくのが一番間違いがなさそうです。
これが、ナレーションのお仕事となると前述の映像のお仕事と大差ありません。

どんな現場でも、入り時間まで10分を切っての到着は、いくら入り時間に態勢が整えられるとしてもできるだけ避けた方がいいでしょう。
現場の人たちを無用な心配に晒すことになりかねません。

現場の入り時間に対しての自分自身の対応を今のうちに確立させておくと楽になります。
無用なストレスを現場で感じる必要はないからです。
以前、述べた準備力をここでもしっかりと活用しましょう!
しっかりと力を発揮できる環境を自分で整えましょう~(^^♪
2021年06月10日 16:09