仙台で映像、演劇、声優を楽しむなら創造望子(つくつくぼ~し)

創造望子(つくつくぼ~し)は作品を創ることに特化した制作集団です。

2020年10月の記事:お知らせ&アドバイス

台本に対しての準備(舞台・アテレコ・映像共通)

経験したことがないことに対しての準備がしっかりとできる人は天才。
以前、そんなことを記した気がしますが、経験したことに対してしっかりと準備できるようになりたいものですね。

今回は一例として、台本をもらってからの準備について少し記していこうと思います。
劇団でも、養成所でも、現場でも台本をもらうことがあるかと思います。
その台本をもらったとき、どういう過程でそれを仕上げるかという話です。
その期限については、プロというものに近いところにいるときほど、しっかりと設定されていると思います。
逆に養成所などだと曖昧になるかもしれません。
プロに近くても遠くても、まず、そこをしっかりと設定しましょう。

仮定の話として、台本を頂いたときに、期限を一か月と区切ったとしましょう。
自分が出来る役を考えて、ある程度は限定しますが、結局は台本を読み込むことに違いはありません。

まずは、一週間、読み込みを重視した練習をしましょう。(それ以外の練習をしても構いませんし、この期限を過ぎても台本を読み込むことはやりましょう)
一日の練習時間は最低でも一時間、できれば二時間は作りたいところです。
しかし、その時間が確保できないからといってそこで手を止めてしまうことだけはしないでください。30分でも15分でも構わないので、最大限の時間を確保しましょう。
それはあなたが演技に対して捧げることができる人生の時間と言い換えることもできるかもしれません。

次は、役作りに重視で一週間、費やしましょう。
その後、立ちの演技に一週間です。この際、他の役の台詞も感じることができるぐらいに仕上がっているとかなりいいです。
次の一週間が、本番練習です。
本番と同じように環境を整えて、全てを出し切りましょう。
数日余ると思いますが、それは予備日として活用しましょう。(台詞チェックなど。大体三週間目にはほぼ頭に入っている形です)

そして、大事なのが、一週間ごとで区切りましたが、その中でそれぞれ一日ずつ、必ずお休みを設定しましょう。
実は、休むことも練習の一つです。それは充実した練習ができているときこと効能を発揮します。
頭と身体が整理され、良い形でのリセットがされるからです。

勿論、個人差がありますので、まずはチャレンジして、自分にあったより良い形を見つけ出しましょう!
それはあなただけの財産になります。
良い準備ができれば、良い演技ができます。
楽しんで取り組んじゃいましょう(^^♪
2020年10月27日 19:05

10月の創造望子withVOICEの活動も無事終了です(^^♪

DSCF1140
創造望子【映像部】の①クールの活動も無事終了しました(^^♪
DSCF1135
次クールに向けて、良い準備ができてます!
楽しみですね~
DSCF1137
VOICEの方は、来月頭の収録に向けてのラストスパートです!
濃い時間を重ねて、良い一日を迎えましょう~
DSCF1139
2020年10月23日 18:50

2020年10月の活動開始(^^♪

2020101115110000
10月の活動初日。
創造望子【映像部】は、次回の作品に向けて色々、ディスカッションを行いました(^^♪
次回の宿題を意気揚々とお持ち帰りです。

VOICEは、ボイスドラマの練習を重点的に行いました。
2020101115540000
挿入歌の練習などは次回です(^^♪
来月の収録が楽しみですね!
2020年10月16日 11:33