仙台で映像、演劇、声優を楽しむなら創造望子(つくつくぼ~し)

創造望子(つくつくぼ~し)は作品を創ることに特化した制作集団です。

2020年5月の記事:お知らせ&アドバイス

仙台で学ぼう! 『感じる』について(俳優・役者・声優共通)

演技の『感じる』という項目はとても重要です。
これができれば台詞を喋ることは簡単になります。

では何を感じるのか?
大きく、分けて二つあります。
それは、心と身体、です。
心よりもまず身体を意識しましょう。
【五感を活用すること】です。

映像であれば、感じる物は全て用意されていることが多いです。
それでも、想像で埋めなければいけないものもあります。(声優は逆に用意されているものが少ないです)
また、緊張などの要因があり、感覚が鈍化して感じられないこともままあります。
そこで重要となるのが解放です。
リラックスと置き換えても間違ってはいないかもしれません。
身体だけでなく、心も解放はとても重要となります。それができてから『感じる』ことがきちんとできるようになります。

また、演技において重要なのはその役として『感じる』ことです。
それが心の『感じる』に繋がります。

まずは五感から、特に視覚などの簡単な一つの感覚から『感じる』ことをはじめてみましょう(^^♪
 
2020年05月26日 14:01

宅録について(声優・ナレーター)

声優ワークショップVOICE
デジタル社会になり、自宅での録音、つまり宅録が容易となりました。
データが手軽に送れるようになり、意外と大きな仕事も宅録だったりします。
(僕が今までした仕事だと、X-BOXのゲームのナレーションやグーグル・アドワーズのナレーションなどがそうです)

宅録のために必要な機材は、マイクとPC。その他に編集ソフトやオーディオインターフェースなどが必須になります。
金額的には、コンデンサーマイクに2万円、ソフトに1万円(無料ソフトを使用することも可)、インターフェースに1万円ぐらいで最低レベルのものを揃えられると思います。
(ちなみに僕の機材は、マイクが4万円強、ソフトが2万円弱、インタ―フェースが5万円ぐらいのものを使用しております)

もし、宅録の仕事を前提で揃えるならば、機材分のギャラを宅録でペイできる目算がたってから動きましょう。
趣味や実力向上のためであれば、もう少し安く揃えるのもいいかもしれません。
実際の機材を使用することで勉強になることはたくさんあります。

宅録のお仕事で必要なのは機材以外にもあります。
特に営業です。
請求書や領収書も勿論、自分で書きますし、原稿やクライアントとの交渉も必要です。
声だけを用意すればいい、という考えは通用しませんのでご注意ください。

そういったものをクリアできれば、宅録でまとまった収入を得たり、更なる仕事に繋がったり、選択肢が広がります。
気軽にボイスサンプルを制作できるのも強みですよね。
変なことにお金を使うぐらいなら、宅録の機材にお金を使った方が声優やナレーターとして健全的です(^^♪
2020年05月21日 13:13

仙台で学ぼう! 表現技術について(俳優・役者・声優共通)

演技の技術(テクニック)とは何か?
一般の人に尋ねると返ってくる答えは『~をしてるようにみせる技術』というのが一番多いです。役になりきるための技術、というのもありますね。
これは演じ手側にも多い認識で、アマチュアであればほとんどこの認識を持っていると思います。
それは全く悪いことではありません。が、その演技に心動かされる人がいないというのも事実です。
演技においては、演じ手の心と共感して心が動くものです。

では、プロと呼ばれる人たちにおいての『表現技術』の認識は何か?
それは、その役として動いている心がより良い形で伝わる技術、になります。
演技派と呼ばれる方たちはほとんどこの認識を持っていますし、実践しています。

自分がどちらの技術を選ぶのか。
それは自由です。
しかしながら、前者のやり方でプロを目指すのでしたら、+αとなる他の魅力が不可欠です。
また、後者のやり方で+αを持つ人には敵わないことにもなります。
その自覚を持って、自由に選択しましょう。

動いていない心を動いているように見せるのが技術か、
動いている心をより良く見せるのが技術か、
しっかりと選んで、技術をつけましょう(^^♪
2020年05月13日 22:25

100%の自信はいりません。(俳優・役者・声優共通)

自信は大事です!
と、いきなりタイトル否定から入ったように思われるかもしれませんが、そうではありません。
いらないのは『100%』の自信です。
それを手にした瞬間に、下手になるからです。

例えば、腹式呼吸の練習を重ねて、腹式に関して100%の自信を手に入れたとしましょう。
そうすると人はそれ以上を望むことはありません。それどころか現状維持も難しく、少しずつ力が落ちていくことでしょう。
しかし、一番恐ろしいのはそのことではなく、その事実に本人が気づくことなく自信を持ってしまっていることです。
100%ということはそういうことです。

ですので、ほんの少しでいいので、「自分はできていないんじゃないか」「まだ甘いんじゃないか」といった思いを持ち続けてください。
それがあなたを向上させます。

誤解してほしくないのは冒頭でも述べた通り、自信は大切だということです。
更にいうと、自信を持てるぐらいの積み重ねを手に入れることが大切。
常に自信の%が危惧する思いを上回っている状態がいいですね。

自信を持つものがたくさんあるのはとても魅力的なことです。
過信にならずに、より魅力的になれるよう客観視することを忘れないでください(^^♪
 
2020年05月11日 15:19