仙台で映像、演劇、声優を楽しむなら創造望子(つくつくぼ~し)

創造望子(つくつくぼ~し)は作品を創ることに特化した制作集団です。

2020年7月の記事:お知らせ&アドバイス

今月の創造望子&VOICEの活動も無事終了しました(^^♪

DSCF1119
ようやく本格活動をした創造望子(つくつくぼ~し)
今月の活動を無事終了しました(^^♪
映像部では、早くも来月に短めの映像作品を制作しちゃいます!
基礎部では、役者にも声優にも必要な毎日の積み重ねに役立つ大切な基礎練を主にアドバイス。
そして、声優ワークショップVOICEでは、ボイスサンプル収録に向けての練習をメインに、軽くボイスドラマの練習もいたしました。
DSCF1120

新しい仲間も迎える来月も、ワクワクの時間を共有いたしましょう~♫
2020年07月28日 11:04

テレビに出たい?

俳優になりたい
役者になりたい
声優になりたい…
そう願う人たちと付き合ってきて思うことは
『テレビに出たい』
という願望を強く持っているということ。

それは全く悪くないことですが、テレビ(メディア)に出るために 何か になりたいと思うのは、ただそれを利用したいということだけなのでは? と考えたりもします。
テレビに出るためだけにやることができる積み重ねなんて大したことはないでしょうし、利用しようなんて考える自分勝手な人は演技もきっと自分勝手でしょう。
でも、テレビに出ることは不可能ではないと思います。

それに、最初はテレビに出るためであっても、いつしか演技をすること自体に情熱が向くこともあると思います。
大事なのは 自覚があるかどうか ということになるのでしょうか。
表現者になりたい、と考えたとき、それが何のためなのか、自分自身に問いかけてみるといいのでは?

テレビに出ることは悪いことではないでしょうし、良いことでもないと思います。
それを決めるのは本人次第です。
自分の想いがどこにあるのか。それを常に知っていてください(^^♪
 
2020年07月23日 09:43

仙台で学ぼう! 台詞へのアプローチ(俳優・役者・声優共通)

台詞が与えられたとき、どのように付き合うか。
それを明確に持っている人は、すでにアマチュアを卒業している方たちでしょう。
では、その卒業を目指して、どう取り組めばいいのか。
一つの方法を紹介しましょう。

『君がどの決断をしても、僕はずっと味方だよ』
という台詞があったとします。
まず、やめてほしいのは、すぐに台詞をどう言おうか考えることです。
最初に台詞を工夫しようとするのはやめましょう。それは最後の方に持ってくるべきものです。
では最初に考えるべきものは?

やはり、その役(キャラ)がどんな人物であるか。
そして、相手がどのような存在なのか。
それと、現在の状況を知ること、となるのでしょうか。
最低限、これらを感じることができないと台詞を喋ることは不可能でしょう。
もし、これらを全く感じないで喋っている場合は、好き勝手に読んでいるだけになり、聴き手に不快感を与える可能性大です。

仮に、この役が物語りの主人公の親友だとします。
そして、相手が主人公(同性か異性かでも変わります)だとしましょう。
状況としては、思考の袋小路に迷い込んだ主人公に向かって、夕日を背景に励ます。
ここまで設定できると大分、台詞が固まってきます。
後は、感じるものを深める作業でクオリティーが上がっていきます。
また、同じ設定でも、主人公をどう思っているかで台詞は変わっていくでしょう。
主人公を愛していたら? 主人公に劣等感を抱いていたら? 主人公を嫌いになってしまったら?
変化するのが当然ですよね。
これらを感じないで台詞を喋ることなど、できるわけがありません。

感じるものを具体的にしていく作業。
読解力を必要とするそれは、生まれついて持っているものではなく、培っていくことができます。
それを磨いて、魅力にしちゃいましょう(^^♪
2020年07月17日 14:01

定期活動開始!

DSCF1115
演劇・映像の『創造望子』
声優のVOICE
その定期活動が無事、開始できました(^^♪


DSCF1109
この時期の中で何とかはじめられたことがとても嬉しく、またありがたいです!

映像部の方は、はやくも来月中に短い作品を一つ創る予定で動き始めました。
VOICEでは、ボイスサンプル制作を軸に、オリジナルボイスドラマを制作する予定です。
ボイスドラマの本格的な練習は9月に入ってからになりそうです。

これからも楽しい時間を一緒に創っていきたいですね~
2020年07月14日 14:03