仙台で映像、演劇、声優を楽しむなら創造望子(つくつくぼ~し)

創造望子(つくつくぼ~し)は作品を創ることに特化した制作集団です。

イラスト3.

ホームオリジナル脚本紹介 ≫ ボイスドラマ用作品『空と白の狐』から ≫

映像・演劇・声優用オリジナル脚本から抜粋

ボイスドラマ用作品『空と白の狐』から

狐道01b'
白星(晴明は死んだ。だが、俺の瞳から復讐の紅き瞳は消えぬ。そして、紅の瞳からも。
  何故だ? 何故、俺たちはあの頃に戻れない)
紅 (晴明は死んだ。でも、復讐は終わらない。人の世に拭えぬ恐怖を刻むまでは。
  あの頃に戻りたい。けれど私の中の魂がそれを許さない。・・ねえ、母さま)
 
――深い山中。
晴明「・・ここまでだな、化生よ。最早、逃げ場はないぞ」
妖狐「そのようだ。だがな、人間よ。何故、妾を追いやらう?
妾の加護を失えば、近衛を病から救う術はないのだぞ」
晴明「ふん、俺を徴用せぬ皇などいらぬ」
妖狐「それが本音か。さもしいな」
晴明「人とはさもしいものよ。半分の血しか持たぬ俺でもそれは身に染みている」
妖狐「半分・・
   そうか、葛葉が人間との間に子を設けたと聴いてはいたがお主がそれとはな」
晴明「そうだ」
妖狐「名は?」
晴明「安倍晴明」
 
2020年02月10日 15:48